読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさイチプレミアムトーク

遂に始まった2014年大河ドラマ軍師官兵衛
岡田ファンの方々だけでなく、我々V6のファンにとっても注目せざるを得ない大舞台。1年かけてじっくり楽しみたいと思います。

出演ラッシュが永遠の0から途切れることなくそのまま官兵衛に雪崩れ込んだ感があり、情弱な私めはほんの少ししか見ていないのだけど、これだけは!と思ってかなり早くから予約録画をしていた、先日のあさイチプレミアムトーク。
いやあ再生し始めてものの3分で桃源郷かと思った。もみあげがかわいい♡と末っ子を褒める井ノ原くんと、んふっ♡ありがと♡と照れ笑いする岡田が朝の全国ネットで流れるって、マジで日本捨てたもんじゃない。
トーク本編はこれだけ宣伝番組に出演しているのでなかなか目新しい内容、というわけではなかったけど、やはりそこは井ノ原くんがいるだけあって『井ノ原くんから見た岡田』『岡田がゲストとして自分の事を井ノ原くんに語る』っていう構図が、こんな機会普通無いからグループのファンとしてはとても楽しかった。

中でも2つグッときた場面があって
1つは『大河主演として数百人の関係者と初顔合わせをしたNHKの大会議室が、井ノ原くんと岡田がはじめて出会った場所だった』こと。まだV6結成前、Jrたちが会議室に集められたときにひとりぼっちだった岡田に気を使い、一緒に遊んであげた井ノ原くん。
まだ自分が何者かもわからず、ただ言われるまま上京しぽつんとひとり会議室に佇む少年と、その子に声を掛けた明るい年上の少年。かくして少年たちは同じグループとして活動する事となり、紆余曲折を経て18年後。ひとり佇んでいた少年は、NHKを代表する作品の主演として大きな期待を背負いその会議室に再び立ち、もう1人の年上の少年はNHK朝の顔として人気MCに成長していた……ってどんな感動ドラマだよ!!!!! 感動ドラマでもわりかしベタな方のやつ!!

もう1つは「ハタチくらいでアイドルとしては終わりだと思ってた、辞めようと思ってた」っていうのを井ノ原くんの前で語る岡田。その発言自体は今まで何度も聞いたことがあったけど、それを『誰よりも終わらせる気の無かったトニセン(井ノ原くん)』に明かすっていう。
しかもその場面がオタク向けDVDに収録される薄暗い雰囲気のある部屋で語り合う、とかじゃなくて、朝のNHK情報番組のピカピカに光る白いライトと爽やかな空気でお届けされるってのがすごい。お互いに大成したから言える感半端じゃない…!井ノ原くんは今までにも本人の口から聞く機会があったのかもしれないけど、こんなの何度聞いてもどんな顔で聞いたらいいかわからんような。



私はアイドルではあまり泣かないように心掛けている。というのは、アイドルの今までの苦労とかグループの絆とかって感動するけど、その感動の中にはバックボーンを自分で勝手に想像して、○○くんはこんな風に思ってただろうな、△△くんも大変だっただろうな、ってストーリーを作って膨らませて得た感動も含まれていると思うのね。みやけさんの言うようにアイドルは虚像だから、絶対に想像の余地は残してくれないとつまらないんだけど、それでも自分でストーリーを作ってアイドルに押し付けて勝手に泣くなんてとても失礼な気がして。余計なお世話的な。だから心の中でじんわり感動をかみしめて、目は見開いてアイドルから与えられる情報を大切に見つめようと思っている。

なにが言いたいかっていうと、そんなひねくれた私でも、ストーリーを膨らませて泣きたくなるようなドラマティックさなのに、それを朝の情報番組でお伝えして、しかも番組の締めは岡田による井ノ原くんお姫様抱っこって…!盛りだくさんすぎて情報過多!!!ありがとうあさイチ