関西ジャニーズJr 春休みスペシャルコンサート

行ってきたで!!松竹座!!!!
ジャニオタに生まれたからには一度は行ってみたかったの松竹座。

関ジュ推しでもないのになんで行ったのか、率直かつ簡潔に言うと、現ジャニーズWESTがいなくなったから。
一応弁解しておくとWESTさん達全然嫌いじゃない。むしろ好き。ただ、仲のいい友人にあの世代の関ジュ担がいて、それはもう関ジュ担は強火どころか業火のような人々で松竹座は恐ろしい所と(勝手に)刷り込まれていたのである。それにあそこまでタレントとファンが一体になると、入り込む隙が無かったというのも正直なところ。
関ジュの屋台骨を支えてていた先輩たちが大方卒業して、次世代のなにキンがメインになった今なら行ける!むしろ新しい風を感じたい!と思って向かった次第です。


前置きはさておき、コンサートのお話。
お芝居とショータイムの2部構成。お芝居と言うにはまぁアレな感じではあるけど、とにかく『J学園』を舞台に繰り広げられる笑いあり涙あり友情ありコントあり今日のお題ありのお芝居。主役は紫耀くんと廉くん。なにキンコンサートと思って行ったらなにキンじゃなくてれんしょおだったでござる。事前に聞いてはいたけど、冒頭からこれはものすごいれんしょお推し……なにキンどこ行った。

見終わった感想は、確かにやっぱり私が偉いおじさんだったられんしょお推したくなるなーって事と、とにかくこぉじ(向井)がやばい!!!!!というこのふたつ。
紫耀くんは噂に違わぬボケ(というレベルで済ませられるのか)っぷりだったけど、やっぱりお顔は美しいし、あのダンスのスキル!劇中のソロ(キスマイのBlack&White)で突然爆発するあの才能!ガツガツ踊り出したら、素人目にも「あっコイツ違う」って一発でわかるあのステップの軽やかさと動きは本当にすごい。入所前にダンススクール通っていたって聞いたからその下地があるんでしょうねー。ただ、その曲の前も後もあまりその実力を感じることが出来なくて、逆の意味で『下地が違う』というのを感じたというか、ジャニーズっぽい踊りを得意としないのかなーという印象。同じダンスでも違うんだねえ。今後慣れていくのかな、でもあのかっこよさを見ると慣れて欲しくもないような。
その真逆の事を感じたのが向井くんで、とにかく踊り方や踊っている最中の身のこなしが完全にジャニーズのそれ!元々のスタイルの良さもあって、圧倒的な華やかさ!!劇中のソロは亀ちゃんの『ロスマイ』(YJ全然わからないから勉強していった)で、ショータイムの曲(キンキの流星)もだし選曲も上手いし、まあとにかくロスマイがかっこよくてかっこよくてかっこよくて、曲が終わったあと耐えきれずにかっこいいいい〜〜〜って口から出た。こぉじは来るで!!!!(私に言われなくても多分もう来てる)
廉くんはいいよねーーーあの思春期!って感じの硬質な輝きがたまりませんねん。なにわ侍で淳太くんが明かした『舞台袖の暗闇の中で廉の髪ぐしゃーって触ったら「誰やねん、殺すぞ」って言われた(そしてその後淳太くんと気付いて2時間謝られた)』っていうエピソードが大好きで!THE☆思春期!!実際お芝居中にも、コントでガスマスクみたいのをつけるシーンがあって、それを取った後ずーーーっと前髪触ってんの!!ずーーーーーーっと!!!大丈夫だよれんれん前髪が多少変でも君は街いちばんのイケメンだから落ち着いて!って言ってあげたくなるくらいずーっと前髪気にしてた。あとめっちゃ顔小さい。顔の形が勝利さんに似てる。あと案外ボケてる。ずっと笑ってる。コントにおける文ちゃんの負担が半端じゃない。大阪の風をあんまり感じないなーと思ってググったら、出身東京で小5まで北海道に住んでいたって書かれてた。納得。れんれんこの先楽しみだなーー。

ちなみに真鳥くんと楠本くんが踊り出すとそちらに釘付けでしたけどね!踊れるってジャスティス。
はじめての松竹座、はじめての関ジュコン、とっても楽しかった。またお邪魔したいです。