読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『Sky's The Limit』発売記念!各形態の解説とCDを20枚買った理由

V6
V6 44枚目のシングル『Sky's The Limit』がリリース。待ちに待ったダンスナンバーかつ健くんがセンター!嬉しすぎてCD持って街中配って回りたいくらいにテンション上がってるんだけど、自分の社会的地位が心配なので出来ない。健くんごめんね、保身に走ったオタクを許して。でもどうにか1枚でも多く売れて欲しいので、ブログでひっそりプロモーションを試みる事にする。

そもそも『Sky's The Limit』とは…

8月に「涙のアトが消える頃」をリリースしたばかりのV6から早くも44枚目にして20周年Anniversary year突入直前のプレシャスシングルの発売が10/22に決定!!今表題曲「Sky’s The Limit」はメンバー三宅健が出演する東海テレビ・フジテレビ系全国ネット昼ドラ「ほっとけない魔女たち」の主題歌。
20周年を意識した、V6の真骨頂とも言える究極のダンスナンバー!! (エイベックス公式サイトより)
なんだかすごい煽り文句の連続だけど、勿論私が考えた訳ではなく公式サイトにこう書いてある。『44枚目』とか『20周年突入直前』とか微妙に切りが悪いのに、それを『!!』の力技で押し切ろうとするエイベックステンション高い。ジャニーズはなかなか気軽に動画を紹介出来ないのが辛いところだけれど、唯一エイベックスのV6公式ページからSPOT映像が見られるのでまずはこちらをどうぞ。


何種類もあるけど結局どれ買えばいいの?

初回A   CD+DVD+ミュージックカード
CDには『Sky's The Limit』と『Eyes to Eyes』の2曲収録。『Eyes to Eyes』はちょっと懐かしのアイドルっぽい、メンバー曰く「トレンディードラマっぽい」曲。昨年発表のアルバム『Oh!My!Goodness!』を初め、結構アクが強い曲や大人っぽいかっこいい音が多かったので、「あ、これ2曲めに持ってくるんだ」と少し意外に感じた。世界がキラキラして見える。
DVDは『Sky's The Limit』ミュージックビデオとそのメイキング映像。ただのMVとメイキングか、と侮るなかれ。剛健が好きな方、ジャニーズのコンビとして名だたる位置にいる剛健とはどんな感じなのか知りたい方にお勧めする。「剛健とは…」とか呟きたくなること請け合い。V6初のミュージックカードには表題曲と『明日は来るから』(通常盤に収録)のメンバー全員でのレコーディング風景が見られる特典付き。この映像の健くんがヒゲに前髪分けてシャツネクタイベストっていうセレクトショップの店員みたいな出で立ちでオスってて血吐きそうになった。いつもいつも可愛いと思ってたら痛い目に合うよ!

初回B   CD+DVD

Sky's The Limit (CD+DVD) (初回生産限定B)

Sky's The Limit (CD+DVD) (初回生産限定B)

バランスがよく、個人的にいちばんお勧めがこちら。CDは上記と同様。DVDは『Sky's The Limit』のダンスビデオ(その名の通り、イメージ映像などが無いダンスを堪能する為の映像)と『思い出は自分たちできっちり整理しましょうスペシャル』V6の関係性がよく見えるのがこちら。エイベックス社内で過去のグッズを眺めたりそれにまつわるクイズを出される中、真面目に取り組むトニセンに対し2問目で飽きるカミセン。いちゃつく剛健とひとり過去の写真に没頭する岡田。V6あるある。ダンスビデオは歌番組だとどうしても歌ってる人のアップがメインになるから、これが付いてると本当にありがたい。真ん中で歌ってる人の横で踊る自担が驚く程かっこいいのに、コンサートじゃないと見られない…と悲しみに暮れなくても済む。振り付けは信頼のs**t kingz  V6ではお馴染みだが、最近ではJUMPの『Ride With Me』の振り付けも記憶に新しい。V6の売りであるダンスと、メンバーの人柄や関係がわかる映像両方が一緒に見られる大変お得なB盤。

通常盤   CDのみ

Sky's The Limit

Sky's The Limit

上記2曲と『明日は来るから』『君のいない世界』の計4曲。DVDは見ないかな、歌が聞きたいな、という方はこちら。『明日は来るから』はわかりやすい応援歌で、キャッチーで覚えやすい。V6は学校へ行こうを長年やっていたお陰で、応援してくれるお兄ちゃん的なイメージ強いらしく応援歌的な曲も多くて、今回の『明日は来るから』は割と疲れた社会人向け。私も仕事中に「いいことばっかりじゃないけどー全然すーてたもんじゃないー」って気付けば口ずさんでる。『君のいない世界』は井ノ原くんが「剛にすごく合ってる」と何度も言っていただけあって、剛くんの甘く切ない歌声がフューチャーされているバラード。V6がラブソングを歌うと大体女にフられて大体引きずってる。

通常盤   CD+DVD

Sky's The Limit (CD+DVD)

Sky's The Limit (CD+DVD)

初回Aのミュージックカード無いパターン。これとミュージックカードをバラで買うよりは初回Aを買った方が微妙に安い。ジャケ写なども同じなのでご予算に合わせてどうぞ。

ミュージックカード
初回Aに付いているミュージックカードが単体でも発売されている。前回の記事の終わりにも書いたけれど、V6にもついにミュージックカード商法が…と震えたら1パターンだけで、初回Aを買えば付いているという控えめさを評価したい。ちなみに今回のV6の楽曲に関しては、ダウンロードした曲はiTunesに同期は出来ないとのこと。またそういうガラパゴス的な…進化してるんだか退化してるんだかよくわからない。エイベックスと言えばコピーコントロールCDのこと忘れてないよ!

一応5パターン紹介したけど、実際は初回ABと通常盤CDのみの3種を買えばコンプリート出来る。最近V6に興味が出てきたという方にはB盤をお勧めする。オタクは全部買え。





そしてタイトルにも書いた通り、この『Sky's The Limit』を20枚買った。握手会もイベントも無く、ただただCDを購入したのにはいくつか理由がある。
  • 自担である三宅健くんが初のシングルセンターを務めたので、少しでもいい結果を残したい
  • 20周年突入と銘打ったシングルでダンスナンバーを選んだことへの評価
  • 来年のアニバーサリーイヤーに向けて少しでも予算を積んであげたい

V6は明確にセンターが誰か決まっていない。写真撮影だと大体剛くんか岡田が中心に来る事が多いが、6人組なので奇数人数のグループに比べて明確な真ん中が無い。今回の『Sky's The Limit』も曲中は立ち位置がどんどん変化していくものの、ジャケ写が明確に健くんワントップ。取材も健くんをメインに据えて貰えることが多くて、今まで立ち位置なんて気にしたこと無かったけれど彼の大好きなダンスナンバーでこんないい位置に立たせて貰えるならば、ファンもそれに応えたい。少なくとも評判を下げる事だけはしたくない。それには売り上げを上げるしかない!という結論に至った。
あとはやはり20周年突入でこれだけプロモーションに力を入れて貰った曲がダンスナンバーっていうのが単純に嬉しかったり、10周年以上に盛大に祝いたいからそれにはV6に予算が少しでも多く割り当てられますように、という期待を込めて。それには買わないより買う、300円のミュージックカードより1200円のCDを買う。総じて「売れないより売れた方がいいっしょ!」みたいな単純な気持ちで買い続けたら結果20枚になりました、という話。実はセクゾンのファーストアルバムも17枚買った過去があるので(この時は抽選で握手会にご招待があった)、『限界を超えて行こう』というこの曲のコンセプトにちなんで個人的に限界突破を目指した。
今日現在の集計でそろそろ9万枚に届こうかという売り上げなので、過去数年でダントツの売上枚数になるのは間違いないようでひと安心している。私の周りの同担さんも頑張っているし、普段1枚しか買わない人が複数枚買ったり、それぞれの積み重ねでよい結果が出ればいいなと心から願っている。

f:id:mizuki_53:20141026232328j:plain