読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プラスの感情だけでジャニオタをやるコツ

日記 V6
仕事が驚くほど暇で、上司も出張で居ない金曜日の午後。ブログでも読もうかな、と思ってYahooの検索ボックスに【はてなブログ】と入力したところ、予測ワードに【はてなブログ V6】と出てきた。【はてなブログ ジャニーズ】はあっても特定のグループの名前が出たのはV6だけで、さすが有名ブロガーがいると強いなーと思いながら、関連ブログまとめを適当に開く。前日の7/2は健くんの誕生日であり、連載のにこにこ健°の顔写真解禁、VS嵐に6人で出演、さらにコンサートの当落開始と、盆と正月がいっぺんに来たような騒ぎでブログを更新した人も多いようだった。

幾つかのブログを読んだところで出た感想は「なんか皆怒ってる」勿論コンサートの当落結果についてだ。それはTwitterからも感じ取ることが出来たが、なんとなく不満とか怒りとかがっかり感というような感情が画面越しにも伝わってくるのだ。私はいつもこういうところで世間の感情とズレを感じてしまう。*1



ジャニオタは受動的にしかなれない

多分私は社畜ならぬジャニーズ事務所畜で、あの事務所が繰り出す理不尽なことや腹立たしいことに長い時間をかけて慣れてしまったのだと思う。いちいち負の感情を吐露するのも面倒になってしまい、『出されたものは美味しく頂く』『美味しく頂けなさそうなものは無で受け止める』の2択になった。大体あの事務所の仕事として出されたものはどんなに理不尽でもどんなにダサくても決定事項であり、オタクが受け止めようが受け止めまいが覆ることはない。私たちはアイドルおよびその事務所に対して受動的になることしか出来ないのだ*2 

こう書くと有無を言わさない奴隷のような感じがするが決してそうではなく、アイドル自身は私にどんな時でも幸せをくれる。ただ日々の活力になるアイドルを愚痴や不満で消費したくないのだ。「かわいい」「かっこいい」「好き」というプラスの感情だけでアイドルを応援したいし、実際にそういう人は見ていて気持ちがいいと思う。折角楽しくて人生を賭けるくらいの趣味を持っているのだから、もっと楽しくしたい。コンサートが外れたならどうにかすればいいし、全ステが義務ではないのだから諦められるならチケットがない公演は諦めればいい。どうせこれも『探す』か『諦める』の2択しかないのだから。



必要なのは適当な緩さとフットワークの軽さ

17、8年ジャニオタを続けてきて、プラスの感情だけでアイドルを応援するにはどうすればいいのかわかったことがある。それは適当な緩さとフットワークの軽さを保つこと。ファンになりたての頃は気持ちも熱いし、友だちもいないから自分で積極的に動いて行くしか方法はないと思うが、長年ジャニオタを続けていると適当に漂っているだけでなんとかなるものなのである。

具体的に例を挙げてみると、昨年のAGF ドリコレCMイメージキャラクター就任によるクリアファイル騒動*3 職場や自宅の周りなどのスーパーを実際に周りキャンペーンが行われるか聞いてみたがどこもやっていなかった。「やっていないなら仕方がないので、ご縁があればそのうちどこかで出会えるだろう」と思うことにした。これが適当な緩さ。

そのうちヨーカドーでは大体どこでもキャンペーンが打たれていることがわかったが、なにしろ人気のため入荷日の午前中には無くなってしまうのだ。そこで店舗リストを眺めながら考えた。「郊外の店舗はどうだろう?」昔使っていた第三セクター鉄道沿線の千葉県郊外の店舗に問い合わせてみた所、やはりここには夜まであったので仕事帰りに1時間掛けてコーヒーを買いに行った。これがフットワークの軽さ。結局その後手に入れた友人たちからも複数手に入れたが譲った方がいいかという連絡を受けたし、私からも声を掛けた。

適当な緩さとは決して諦めることではなく、気持ちを楽に保つことだ。ジャニオタをやっていると好きな気持ちが高まり過ぎて「行かなければならない」「手に入れなければならない」と半ば義務のようになってしまい、それが出来ないと気持ちが苦しく躍起になってしまうことがよくある。そうではなく、上記に書いたように「縁があれば出会えるだろう」くらいの気持ちに留めておく。そうするととても気が楽になる。その上で自分が出来る範囲の行動をしてみる。可能であれば多少遠方だったり急な日程でも足を運んでみるし、目標が達成されたらお世話になっている人にも声を掛けてみる。そうするとまた、次の機会に繋がったりするのだ。ちょっと精神論のようになってしまったけれど、実際私はこのようにして日々適当に楽しくジャニオタを続けている。

*1:某巨大掲示板の時代からV担は昔から悲嘆しやすく怒りっぽい

*2:結局セクゾンもあの状態になって1年が経った。どうしても受け止めきれない私はセクゾンを積極的に見るのを止めた

*3:インスタントコーヒーを2つ買うとV6のクリアファイルが貰えるキャンペーンが行われたが、全ての店で貰えるわけではなく、実施店舗の発表がなかった