ジャニオタのキャリーケースには何が詰まっているのか【コンサート編】


ジャニオタの地方遠征の荷物の中身 第2弾

前回のはこちら


キャリーケースの中身全部出し


キャリーケースに入っている全ての荷物を出すとこんな感じ。これで2泊3日分。
上段左から 友達に渡すお土産、下着類、うちわ
中段 カーラー、着圧ソックス、ポーチ①、ポーチ②、ポーチ③
下段 洋服とパジャマ、ポーチ④、双眼鏡、コテ
その下で中途半端に見切れてる靴2足と折り畳み傘


ポーチ① 化粧品類


着る物も事前に考えないギリギリで生きていたい系なので、ポイントメイクも当日決める。とりあえず服に合う感じのアイシャドウや口紅を2パターンくらい突っ込んで行く。
最近のお気に入りは上段真ん中のグレーのケースのTHREE シマリンググローデュオ01 頬骨に沿って塗るとツヤっとするよ


ポーチ② 大きめのボトル


髪につけるもの、顔と身体につけるもの、ポイントメイク落とすもの
まつエクしてるから本当は油分入ってるポイントメイク落とし使っちゃいけないのだけど、ウォータープルーフのアイライナー使うとやっぱり落としきれないのでコンサートの時は割り切ってうる落ちメイクアップリムーバー使う。普段会社に行く時は単色のクリームシャドウとお湯落ちアイライナーなので、ビオデルマのウォータークレンジング使っても余裕で落ちる。
スキンケアは使ってなくて、皮膚科で買うロート製薬のDRXのボディミルクとワセリンだけでよい。


ポーチ③ 洗面所まわりのもの

歯ブラシとかコットン、シャンプー、ヘアバンドなど。たまたま切れてたけどいつもは休足時間も入ってて、着圧ソックスと気分で選ぶ。
ツインで友達と泊まることも多いから、トイレその後に必須。人道的配慮w
友達にプレゼントするのにテンション上がってTHE LAUNDRESSっていうNYブランドのシワ取りスプレー買ってみたけど、石原さとみがCMしてる花王のとかで充分だった。


ポーチ④ 電化製品類


くるくるドライヤー、延長コード、防振に使うエネループの充電器、iPhoneの充電器
友達と同室の時は延長コードがある方が何かと上手くいく。


うちわバック


面倒なのでサブバッグなはずのうちわバックをメインバックにしてしまう暴挙。防振のお陰でクソほど重くなった。ホテルに荷物置いてご飯とか買い物行く時は、ツアーグッズのモバイルポーチ(真ん中に写ってる紺色のやつ)をクラッチ風に持って歩くけど、色が抑えめで割と浮かない、と思ってる。普段はチケットとか買い足したフォトセットとかカバンの中で行方不明になりそうな小さいものを入れている。
上の黒いビニール袋がうちわ*1。うっかり柄が出るともろバレなので、自担のイニシャルのキラキラがついたゴムで止める。メモ帳とペン2本は必須アイテム。


ポーチ⑤ 薬類


写ってないけど大体いつもうちわバックに入ってる。ビオフェルミントメダインが入ってる時点で相当お腹弱いのが一目瞭然…。初日に新千歳空港着いた時点でまずしたことが薬局行ってトメダイン買ったっていうやつだったけど、幸いにしてまだお世話になる機会は訪れていない。
右上のTHREEのスプレーは髪用のやつで、夏場汗の匂いが気になったので購入。オーガニック的な匂いがする。その下の靴擦れ用バンドエイドもツアー中に登場回数が多いもののひとつ。
右下のヘアクリップは私のアホみたいに多い髪の毛でもガッチリ止めてくれるコンプレックスビズ。デパートに行けば婦人雑貨売り場に大体入ってるので、多少値段はするけどそこら辺の安いクリップじゃすぐ落ちてくるってお悩みの人にはお勧め。
セーラームーンアイマスクはおまけだからかゴムの緩さがよくて使ってるけど、新幹線とかで前から歩いてきた人はさぞかし驚くことと思う。
ホテルから会場に行く時は大体ここに口紅だけ突っ込んで行く。




以上、異常に荷物が多いジャニオタのカバンの中身でした。

*1:ちなみに、1本しか入っていない