読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Twitterやめました

日記

Twitterのアカウントを削除しました。
お話して下さった方、お話したことは無かったけれど私の仕様のない独り言を見て下さった方、こちらが一方的に拝見させて頂いた方、皆様本当にありがとうございました。
セクゾンの情報を得るために始めたTwitterでしたが結局居心地のよいV担界隈に住み着いてしまい、長く付き合いたいお友だちが沢山出来て本当に楽しかったです。



やめる理由

やめる理由は、自分の見たものが全てでいいかなと思ったからです。

Twitterを始めた頃は世の中にはアイドルを見ることひとつ取っても、こんなによく見てる人がいるのか、こんな突っ込んだ考え方をしてる人がいるのかと驚きの連続で、私は今まで何を見てきたんだろう?なんて何も考えずにアイドルを漠然と見てきたことだろう、と反省とは行かずとももっとちゃんと見ようと思う日々でした。

また、10年近くに渡ってそれまでいた友だちから外の世界に出ようとしなかったので、その期間に降りたりオタ卒したりする友だちはもちろん沢山いてどんどん友だちが減っていき、結果ハイパー情弱なオタク生活を送ってきたため、TLを見れば誰かが必ずその日のTVや雑誌を教えてくれるTwitterは私を情報の最前線に送り出してくれる頼もしい存在でもありました。


ならば何故やめるのか

そうやって様々な情報、様々なジャニオタの千差万別な意見に触れることはとてもとても楽しかったのですが、それと同時にどうしても自分と大幅に違う考え方、理解に苦しむ意見にも触れることとなり、自分から勝手に見ておいて落ち込んだり怒ったりすることもあり、段々と「自分が見たものが全てでいいのではないか?」と思うようになりました。

例えば今回のV6ツアーのオーラス。11/1以降ほとんどTLを見なかったのでなんとなくですが、外での会見で実況した人がいたこと*1、嵐がバックに付いたことや音漏れのことで様々な意見があったのだろうと思います。でも少なくとも私には、健くんが心から楽しそうで何の不満もないとても幸せな1日でした。世界一美しくて幸せだったあのリボンが降る光景は私自身が見た角度、視点、感情のまま閉じ込めておこう、どんなものにも上書きさせないと決めました。

元々現場派だったこともあり、どんなにネット社会になっても、やっぱり頼れるもの信じるべきものはインターネットの情報ではなく現場にいる友だちだなあと改めて感じ、アカウントを削除した次第です。
また元のハイパー情弱なオタクに戻りますが(笑)、これまでもそうして来たのでそれでいいのだと思います。コンサートと舞台で生身の健くんを見られれば私はそれで満足です。




ここまで長々と書きましたが、Twitterにいる時間は本当に楽しかったことを重ねて記しておきます。また、こちらのブログはこの先も更新していきたいと思っていますので、よかったらお付き合い下さい。

*1:今までのV担の感覚だと信じられないんですよこれ

広告を非表示にする