読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春が待ち遠しいのは君のせい

日記


ハンカチを買うのが趣味みたいな所がある。


自分でそうと意識したことはなかったが、人に言わせると、普通の人は月に2度も3度もハンカチを買うことがないらしい。そうなのか。

別にこだわりのレースとか手刺繍じゃなくて、デパートの婦人用品売場で売っているごく普通のハンカチでいい。あまり色遣いがけばけばしくない物を好むので、大体淡いピンクやブルーのような色調の物を買う。興味無い人が見たらいつも同じ様なハンカチを持っていると思われるだろう。





12月には翌年の干支ハンカチが出て、今年だと猿の刺繍やプリントが売り場を賑わす。特筆すべきもののない1月を経て、2月も中旬になりそろそろ春でしょ!と勇んで売場に出掛けると、桜が満開。






今はまだ寒いけれど、滝沢歌舞伎が初日を迎える頃にはこのハンカチがぴったりになるだろう。

暖かい陽気の晴海通りを幸せな気持ちで歩けるだろうか。少し緊張した面持ちの君を、このハンカチを握り締めながら劇場の片隅で同じ様に緊張して見守れるだろうか。春は、新たな門出の季節。春が待ち遠しいのは君のせい。