ヒメアノ〜ル見たよ

※若干のネタバレをしています※










エグい。

割と前半ポップな感じで行けるやん!?ってヘラヘラ笑って楽しんでたけど、途中で音楽が不穏になって「MORITA Go」って名前出て、アッここからが本番だった〜〜!!って己の軽率さを呪った。何が行けるやんだバカ!

何を隠そうエグいの苦手勢ランキング上位のこの私、多分上映時間の5分の1くらいの時間薄目で見てた。もはやクライマックス目閉じてた。怖い。エグい。怖い。もはや剛くんの肌の質感まで怖かったってどういうこと。



でもこの映画を論じるのはそこじゃない

ラストシーン見るとエグいとかエグくないとかどうでもよくなる



車が事故って止まって、森田(役)が喋り出した所から文字通り身体が硬直した。
コンサートとかで自担がかっこよすぎて身体が固まるとかあるじゃない?そういうハッピー硬直じゃなくて、ガチの硬直ってこういうことなんだなって今日わかった!!

哀しさ、気持ち悪さ、切なさ、恐怖、感情が混ぜこぜになって、固まったまま呆然とエンドロールのいちばん最初に流れてきた「森田剛」を眺めていた。



吉田監督作の、ケンティー主演の『銀の匙』が大好きで3回見たんですけど*1、あの監督がこんな猟奇的な映画を?って疑問が少しあって、でもラストシーン見たら吉田監督が撮った意味がわかる。本当にわかる。


エグいけど、なんか怖そうって理由だけで見るの躊躇してる人がいたら頼むから見てくれ。あの剛くんの台詞を見るためにここまで見てたって思うから!絶対!!

*1:なんなら銀の匙以来映画を見てなくて、2年ぶりに見た映画がヒメアノ〜ルって吉田監督大好きかよっていう