読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ 見たよ

※ネタバレあり
いやあ〜〜地獄サイコ〜〜〜〜〜〜!!!!!マザファッカ〜〜〜〜〜〜!!!!!






長瀬智也が地獄の赤鬼役(すごいメイクと扮装)ってどんな長瀬の無駄遣いだよ!?!?って思って見に行ったんだけど、無駄遣いどころかあれは長瀬じゃないとダメだった。超カッコよかった。

序盤に主題歌のTOO YOUNG TO DIEを歌って長瀬演じるキラーKが登場するんだけど、長瀬の伸びのある高音に一発で心を持って行かれると同時にこの人の歌声がジャニーズでいちばん好きだったことを思い出した。なんで忘れてたんだろう!あの1曲のためだけにもう1回観に行ってもいい。見た目赤鬼だけど。



初日だからか劇場内のお客さんみんな声出してゲラゲラ笑っててすごい楽しくて、コメディだからずーっと楽しいんだけど、神木隆之介くん演じる関大助やキラーKをはじめ地獄にいる人たちは皆死んでるから大切な人との別れとは避けられない。

舞台挨拶つきの上映を見たんだけど、神木くんが好きな台詞を問われた時に
「生きてたらアイスも食えるし、スムージーも飲める!」
というキラーKの台詞を挙げていた。
何回目かのチャレンジでめでたく人間に転生を認められた時に関は天国が目標だから人間にはなりたくないって言い出して、キラーKが人間になれって説得するシーンで言う台詞。

長瀬とクドカンが「ちょっといいこと言おうとしてね」「しかも2回も言っちゃう」とその台詞のことを言っていて、「生きてたらアイスも食えるし、スムージーも飲める!」っていうのは真理だし確かにそうだなあと思うし、でも狙っていいこと言おうとしてわかんなくなっちゃってアイスとスムージーっていう謎のチョイスとか、さらに勢い2回言っちゃうダサさとか、紆余曲折、輪廻転生を繰り返してわかった「生きてるって素晴らしい」ってことを綺麗事にならずに、人間臭いダサさと絶妙のバランスで伝えるクドカンってやっぱすごいなってしみじみと思った。多分この映画は大人が見た方がホロッとくる。





これ以上は実際に映画を見て頂くとして舞台挨拶の感想としましては、劇場にいるお客さんの中から抽選でオリジナルTシャツ(メタルっぽい絵が書かれた真っ黒なやつ)をプレゼントするコーナーがあって、神木くんが箱の中から席番号が書かれたくじを引いて発表する時

神木「えっと…シアター10!」
長瀬「シアター10はわかってるよ!逆にズートピア見てるお客さんにこれあげたらびっくりされるわ!」

長瀬のズートピアっていうチョイスのショタみよ…ってなった。
あと劇中でマザーファッカーって単語をキラーKが度々叫ぶんだけど、クドカン曰く「台本には2回くらいしか書いてない」そうで、皆が気に入っちゃってアドリブでバンバン入ってくるマザーファッカーめっちゃ面白いからこれから見に行く人は注目して欲しい。



神木ギャルたちがうちわ2枚持ちにカンペ芸しててちょっと笑った。あれはジャニーズからアミューズにオタク文化が輸出されて行くのだろうか?